善玉菌のチカラ

冬が来るとインフルエンザが大流行

ここ最近は年ごとに冬が来るとインフルエンザが大流行しています。
年々予防注射を実施する人も上昇しているようですが、都市部ではとても多くの人がインフルエンザになっています。
実際の感染の原因は色々考えられますが、電車やタクシー、街での人込み、職場など、大人数と接触する空間で感染しているのではないでしょうか。腸や体の健康のために乳酸菌が役立つのは誰でも理解できます。

 

 

 

しかし、乳酸菌は胃酸が苦手なので、せっかく摂取しても胃でなくなって効果が出ないのではという疑いを持つひともいます。しかし実際は乳酸器の生死は関係なく食べるだけで腸の免疫機能をアップさせて、ひいては体の健康増進になってくれるのです。インフルエンザにかからないための注射に出かけました。私は注射の瞬間は怖くて視認できないのに、娘は6歳なのに、注射の針をじっと見て注射をしています。

 

予防接種終了後は怖かったーと表現していました。見ているからさらに怖いんじゃないかな?と推測しましたが、何も言うことができませんでした。

 

乳酸菌を毎日摂取しているおかげで、私はすこぶる健康になってきました。
毎日朝起きたら欠かさず、ヨーグルトを摂取するようにしています。
ヨーグルトは様々に味を工夫して楽しめますし、便秘になることなく過ごせます。
乳酸菌を摂取するようになってから、お肌の調子がすごく良くなって、体重も減ったのでした。ここ最近の研究でインフルエンザ予防に対して乳酸菌は効果が高いということが分かるようになってきました。
インフルエンザの症状をワクチンだけで完璧に防ぐことは出来ません。ですので、日頃から定期的に乳酸菌を摂取することで免疫力がアップして、インフルエンザを防いでくれたり、軽い症状にする効果が高まるわけですね。
インフルエンザは風邪とは異なるもの言われているようです。

 

 

症状は1日から5日あたりの潜伏期間後、すぐに高熱となり、3日から7日程度それが続きます。種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢等症状に、小さな違いがあります。時として、肺炎を併発したり、加えて脳炎や心不全を起こす事もあり、恐ろしくもある感染症です。

 

 

 

実は乳酸菌を摂ると体には色んな効き目があります。

 

内臓、腸内の善玉菌を多くして悪玉菌を少なくし、いい方向へと働きかけます。

 

その結果として、免疫の力がアップし、より多くの健康的な効果がもたらされます。

 

 

 

アトピー性皮膚炎の改善にも効果的だったり、インフルエンザなどの感染症予防に対する効果もあります。乳酸菌は体に対して健康にいい効果が高いと言えます。

 

便秘解消に役立つものといわれているのが、乳酸菌がふくまれたサプリメントです。
整えられた腸内環境は重要だとわかってはいても、ヨーグルト・乳酸菌飲料などは口にしたくないという人も大勢います。
しかも、連日乳酸菌が含まれた食物をとるのは大変苦労します。乳酸菌が入っているサプリなら、お手軽にしっかり乳酸菌を摂取することが可能ですので、便秘がよくなります。