善玉菌のチカラ

インフルエンザに罹らないようにするために乳酸菌が効果

最近、インフルエンザに罹らないようにするために乳酸菌が効果があるといわれています。

 

 

 

1年程度前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったという番組を見たことがあります。私の娘が受験生でしたので、それ以来、ずっとヨーグルトが食卓に並んでいます。

 

乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが最もいいそうです。便秘にいい食べ物を毎日頂いています。

 

 

 

それはバナナにヨーグルトです。
ほんと毎朝摂っています。

 

 

食事するうちに、便秘が解消してきました。

 

あんなにも頑固で、大変だった便秘が消失できてお薬を飲む必要がなくなりました。

 

現時点でポッコリしていたお腹も、ひっこんできていて幸いです。

 

 

乳酸菌を必要以上に多く摂取しても特に副作用はありません。ただそうは言いますが、いくら体に良くてもヨーグルトなどで過剰摂取してしまうと、カロリーオーバーとなる可能性もあります。消化吸収できる量にも限りというものがあるので、常識内の量に保つと大丈夫でしょう。

 

乳酸菌と耳にして思い出すのはカルピスでしょう。

 

 

昔から、毎日味わっていました。
なぜなら、乳酸菌が入っているからです。

 

毎日お母さんが、朝食に用意してくれました。

 

なので、私は便秘知らずです。
もしかしたら、カルピスを飲用していたおかげで丈夫な体になりました。
娘がアトピーだと発覚したのは、2歳になったところのことでした。

 

 

膝の裏にかゆみも感じていたようだったのでそう伝えると、かゆみ止めとしてステロイドを貰いました。

 

実際、2年間ずっとステロイドを続けてみて、気にしながら様子を伺っていましたが、かゆみや皮膚の赤みが収まってはまた発生してと繰り返し、まったく良くなってくれませんでした。そのため、保湿剤から漢方薬に治療法を変え、食事の見直しも行ったら、ようやくそれらの症状も落ち着きました。

 

 

 

腸や体の健康のために乳酸菌が役立つのはみんな理解しています。しかし、乳酸器は胃酸が苦手なので、積極的に食べても胃酸で死んでしまって効果は期待薄ではというふうに思っている人もいます。
実際は乳酸菌が生きてるとか死んでるとか関係なく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、従って身体全体の健康になってくれるのです。

 

ここ最近の話ですが、オリゴ糖は乳酸菌を増殖させる成分としてクローズアップされています。オリゴ糖を添加された乳酸菌は活発になり、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制し、お腹、環境を良好にしてくれます。

 

 

乳酸菌とオリゴ糖は両者とも腸の機能を良くしたり、健康を維持したりするには必要不可欠な成分だと主張することができます。

 

 

 

昔から便秘のツボで知れ渡っているのは、おえそから両側に指2本分くらい空けたところにある天枢(てんすう)であります。後、へそ下5cmくらいの場所にある腹結(ふっけつ)と言われるツボも効くと思います。手首にも支溝(しこう)と外関(がいかん)というツボが存在します。色々なタイプの便秘によっても、効果的なツボが異なるので、自身に適したツボを押すと改善が見られやすいでしょう。