便 粘り 解消

粘りがあるような便でも便秘解消できる

水分を摂ったり食物繊維を摂ったりしてもなかなか便秘が治らない人は多いのではないでしょうか。便秘は健康に大きな影響を与えます。便秘解消は真の健康につながります。
そこは自分で色々な工夫が必要になります。人それぞれ便秘の程度が違うように、腸内の環境が違っているからです。例えば、ヨーグルトを食べてるけどなかなか便秘に効果が無い人はオリゴ糖を入れて食べってはどうでしょうか。

 

オリゴ糖は腸内の善玉菌の優良なエサになるので、かなり効果的です。普通の砂糖は小腸で吸収されるので大腸の善玉菌のエサにはならないんです。ドラッグストアで売ってますし、カイテキオリゴが最も人気のあるオリゴ糖です。

 

粘りのあるタールのような便

 

朝起きがけに飲む4℃の水でもなかなか便意が起こらない。そんな人は沢山います。仕方なく医者に便秘薬を処方してもらって排便している場合は、簡単な便秘解消の方法ではなく、少し工夫が必要でしょう。

 

また脂肪分の多い食事をすると脂肪を消化しきれず下痢になる事があります。例えば焼肉を食べた翌日に粘りのある便が出た経験のある人は多いでしょう。バランスのとれた食生活に改善する事が必要なことです。便が便器にこびりつかないように改善できます

 

一つの方法として、便秘薬を使って排便をした後に、

 

朝一杯の冷水
乳酸菌
オリゴ糖
オリーブオイル
マグネシウム
カルシウム
食物繊維

 

など全て摂食するようにしてみましょう。単一の方法では便秘が解消できなくても、効果的な方法を組み合わせてなるべくたくさん行う事で解消できない便秘は有りません。これで解消できない便秘は重度と言えるので便秘外来で診てもらうようにしましょう。

 

 

腹式呼吸から腹部マッサージ

 

 

腹式呼吸を知ってますか?実際にできるでしょうか。腹式呼吸では自然な腹圧がかかるので大腸の便を排泄する力となります。また「の」の字を書くように行う腹部マッサージも是非やってみて下さい。